フヂちゃん30:おもてなし

a0229930_252335.jpg

お父さん:「神話の中でバンコ神はね、小さな生き物を作った時に、クルミの実を使って、脳を作ったの・・・」

お父さん:「・・・その神話を元にして、神官達はバンコ神に、沢山のクルミの実のお供えをして、その代わりにクルミの大きさの、小さな脳を授けてくれるようにって、お祈りをしたの。」

フヂちゃん:「おそなえって?」

お父さん:「大事なお客さんが、おうちに来たら、美味しい物でおもてなしするでしょ?・・・」

お父さん:「・・・それと同じで、バンコ神にお願いするのに、バンコ神の好きな、クルミの実を沢山お供えしたんだけどね・・・」

お父さん:「・・・神官達は、バンコ神が食べ易いように、硬いクルミの殻を砕いて、柔らかい実だけを、供えたんだよ。」

フヂちゃん:「じゃあ、バンコ神は喜んだね。」

お父さん:「うん、それでもバンコ神はね、食事は一度に3粒しか、食べられなかったんだけど、お供えのお礼に、小さな柔らかい脳を3つ、人間に与えてくれたんだ。」

フヂちゃん:「じゃあ、お祀り大成功ね!」

お父さん:「ところがね、それがとんでもない事に・・・」

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村
どうかポチッとお願いします〜。
[PR]
by yamadorikoubou | 2011-08-27 02:31 | フヂちゃん