フヂちゃん31:3匹のオロチ

a0229930_2474187.jpg

お父さん:「バンコ神から貰った、殻の無い脳を頭に入れて、始めて肉体を持った3匹のソチは、身体の大きさも、人間を遥かに超える大きさになってね・・・」

お父さん:「・・・それを王様も、役人も術者も皆、喜んで、名前も『大きな人』という意味の、オロチと名付けてね、上手く飼い馴らせようとしたんだけど、生まれたその日の内に、オロチは3匹とも、おかしな動きを見せ始めて、術者の云う事を、全く聞かなくなったのよ。」

フヂちゃん:「なんで?」

お父さん:「実はね、バンコ神から貰った脳が、殻に守られてなかったせいで、オロチの体温で直ぐに、腐ってきてたのね。」

フヂちゃん:「あ、じゃあ、殻付きのほうが、良かったんだ。」

お父さん:「うん・・・オロチ達は、とうとう街に出て暴れ出したので、王様は仕方なく、兵隊を出してオロチを退治させようとしたけれど、腐り出したとは云え、神様から貰った脳を持つオロチ達を、退治する事は中々、難しかっただろうね。」

フヂちゃん:「オロチは、みんな死んだん?」

お父さん:「うん。でもね、オロチの頭に埋めた脳が、完全に腐るまでの3日間、オロチ達は街で暴れまくってね、333人もの兵隊が、死んだらしいよ。」

フヂちゃん:「でも、オロチも死んで、街の人達は、安心ね。」

お父さん:「ところがね、罪深い人間の行いの報いはね、そうたやすく消えないのよ。」

フヂちゃん:「え〜、まだなんかあるの?」

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村
宜しくお願い致します。
[PR]
by yamadorikoubou | 2011-08-29 03:23 | フヂちゃん