フヂちゃん38:冷たい炎

a0229930_23471661.jpg

お父さん:「ツボ蜂の運んで来た泥で、殻は直されたけど、何せ数千年前の「バンコのタネ」だからね、ソチの炎の熱や、体温にどれだけ耐えられるか、解らなかったから、研究者は冷たい炎のソチを、使ったの。」

フヂちゃん:「冷たいほのお?」

お父さん:「火を使わない炎でね、つまり電気の明かりを、使ったのよ。」

フヂちゃん:「あ〜、それで電者になるの?」

お父さん:「それだけって、訳ではないけれど、とにかく、2つの脳は、冷たい炎のソチの頭に移されたのね。」

フヂちゃん:「一つは、オロチみたいに大きくなる「脳」なんでしょ?」

お父さん:「うん、だから、身体を持った巨大なソチが、突然現れた時は、研究者や周りの人達は、随分ビックリしたろうね。」

フヂちゃん:「でも、一番ビックリしたのは、大きくなったソチのほうだったり、してね。」

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村
[PR]
by yamadorikoubou | 2011-09-20 00:20 | フヂちゃん