フヂちゃん49:わたしの毛布

a0229930_19334098.jpg

魔女:「使い道は色々あるけどねぇ・・・絵筆にしてやると、絵描きが欲しがるね。」「何でも思い通りの色が出てくるらしいよ。」

フヂちゃん:「え〜、それって何だかズルい!」

魔女:「そうかい?」「でも一番多いのは、房飾りにしてから、まじないをかけて、魔除けに使うんだよ。」

フヂちゃん:「どうして魔女が魔除けの飾りを作るの?」

魔女:「兵隊の槍を止めるのは、兵隊の盾だろう?・・・当たり前の事だよ。」「それより、お嬢ちゃんのカバンに付いてる房飾りは、ヒゲじゃあ無いようだね。」

フヂちゃん:「違うよ、お母さんが糸で作ってくれたの。」

魔女:「それぢゃあ、大変だ。」「森の魔法はね、女の子のカバンの中で、悪さをしたがるよ。」「中のものは大丈夫かねぇ・・・大事なものが入ってるんだろう?」

魔女にそう云われて、カバンのフタを開け、中に入れてた大事な毛布を取り出すフヂちゃん。とたんに、毛布がボロボロにほつれて、小さな破片になって風に飛ばされて行きました。

フヂちゃん:「あ〜!私の毛布が!!」

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村
お久しぶりです。
[PR]
by yamadorikoubou | 2012-08-02 19:37 | フヂちゃん