フヂちゃん64:最後の荷物

a0229930_19421912.jpg

男:「お嬢ちゃん、良く覚えてたねぇ。」「古本町の駅で、一緒に電者に乗ったねぇ。」

フヂちゃん:「そのタバコの変な臭いで思い出したの。」「オジサン、だれ?」

フヂちゃんからの質問を聞いた男は、渦巻く眼をグルグルさせながら、イライラとした口調で云いました。

男:「それはねぇ・・・誰だろうねぇ・・・ワタシは一体、誰なんだろうねぇ・・・・」

魔女:「その男は、昔を無くしているんだよ。」

カワセミ号の上から、魔女が云いました。「昔を無くす」なんて、変な言い方だなってフヂちゃんは思いました。

魔女:「それより、さっさと荷物を船に積み込みなさい。」

フヂちゃんの背負っていたベットと布団と枕は、カワセミ号の腹のハッチの中から伸びてきた、三本指の手に掴み取られて、船の倉庫に吸い込まれて行きました。

やっと、鼻にかかっていたカバンを外すと、ハッと何かに気が付いて、カバンの中を開けて見ようとするフヂちゃん。

フヂちゃん:「もうふ!!」

魔女:「さあ、アンタが最後の荷物だよ。」

三本指は、カバンを開けようとするフヂちゃんを捕まえて持ち上げると、カワセミ号の腹の中に放り込みました。

フヂちゃん:「きゃあ!!」

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村
オジサンの正体は?
[PR]
by yamadorikoubou | 2012-11-28 20:08 | フヂちゃん