フヂちゃん65:わかったかい、バンコ

a0229930_1949819.jpg

フヂちゃんを、悲鳴ごと呑み込んだカワセミ号は、貨物ハッチを閉じました。

魔女:「総員乗船、配置に付け。」

手下達は、次々にカワセミ号の船内に入って行きます。最後に乗り込んだのは背広の男でした。

魔女:「アンタのせいで、随分予定が狂ったよ。」「本当に、いつまで経っても使えない男だねぇ。」

男:「女の子をさらうなんて、気が向かなくてねぇ。」「それにタバコが吸えなくてねぇ・・・」

魔女:「ゴタゴタ云ってないで、さっさと中にお入り。」「それからね、今度私の船でタバコ吸ったら、すぐに外に放り出すからね。」「わかったかい、バンコ!」

バンコと呼ばれた男は、シブい顔をしながら船の中に入って行きました。

バンコ:「ああ、わかったよ・・・。」

魔女:「本流までは葉面航行、両翼巡航速度3あげ、見張りは特に上空警戒。」「この辺の森には馬賊は居ないがね、レンジャーの追っ手がかかってる筈だよ。」

カワセミ号は、浮かせた船体を大きく傾けて急旋回すると、落ち葉の川に向かって飛んで行きました。

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村
[PR]
by yamadorikoubou | 2012-12-02 21:07 | フヂちゃん