<   2011年 08月 ( 34 )   > この月の画像一覧

a0229930_22205657.jpg

フヂちゃん:「それで、そのオロチと、電者と、何の関係があるん?」
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村
チョコラスク
[PR]
by yamadorikoubou | 2011-08-31 22:18 | フヂちゃん
a0229930_2242191.jpg

お父さん:「3匹のオロチ達はね、死ぬまでに街中の食糧を食べ尽くすほど、食べたのだけど、それぞれが違う物を好んで食べたのね。」

フヂちゃん:「どんな物?」

お父さん:「一匹は穀物倉庫の穀物、一匹は魚や野菜、果物なんかの、お店に並んでる物、もう一匹は、肉とか・・・人間の血!」

フヂちゃん:「え〜、それイヤ!!吸血鬼みたい。」

お父さん:「それが死んだ身体になると、すぐにドロドロに溶け出して、街中が凄い有様になってしまったのよ・・・」

お父さん:「・・・それで、王様はすぐ役人に、オロチの死骸を街の外に運ぶように、命じたのだけどね・・・」

お父さん:「その作業のさなか、腐ったオロチの身体からね、突然!沢山の害虫が湧き出るように、生まれたんだよ。」

フヂちゃん:「害虫って、どんなのが?」

お父さん:「穀物を食べたオロチの身体からは、コクゾウムシやイナゴ、魚や果物を食べたオロチの身体からは、ハエやゴキブリ・・・」

フヂちゃん:「え〜!ゴキブリって、その時に生まれたん?」

お父さん:「・・・そうなのよ。それから、肉や血を食べたオロチからは、蚊やアブが、生まれたんだよ。」

フヂちゃん:「・・・わたし、やっぱりバンコって、嫌いだなぁ〜。」

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村
ポチとお願いします。
[PR]
by yamadorikoubou | 2011-08-30 22:25 | フヂちゃん
a0229930_2474187.jpg

お父さん:「バンコ神から貰った、殻の無い脳を頭に入れて、始めて肉体を持った3匹のソチは、身体の大きさも、人間を遥かに超える大きさになってね・・・」

お父さん:「・・・それを王様も、役人も術者も皆、喜んで、名前も『大きな人』という意味の、オロチと名付けてね、上手く飼い馴らせようとしたんだけど、生まれたその日の内に、オロチは3匹とも、おかしな動きを見せ始めて、術者の云う事を、全く聞かなくなったのよ。」

フヂちゃん:「なんで?」

お父さん:「実はね、バンコ神から貰った脳が、殻に守られてなかったせいで、オロチの体温で直ぐに、腐ってきてたのね。」

フヂちゃん:「あ、じゃあ、殻付きのほうが、良かったんだ。」

お父さん:「うん・・・オロチ達は、とうとう街に出て暴れ出したので、王様は仕方なく、兵隊を出してオロチを退治させようとしたけれど、腐り出したとは云え、神様から貰った脳を持つオロチ達を、退治する事は中々、難しかっただろうね。」

フヂちゃん:「オロチは、みんな死んだん?」

お父さん:「うん。でもね、オロチの頭に埋めた脳が、完全に腐るまでの3日間、オロチ達は街で暴れまくってね、333人もの兵隊が、死んだらしいよ。」

フヂちゃん:「でも、オロチも死んで、街の人達は、安心ね。」

お父さん:「ところがね、罪深い人間の行いの報いはね、そうたやすく消えないのよ。」

フヂちゃん:「え〜、まだなんかあるの?」

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村
宜しくお願い致します。
[PR]
by yamadorikoubou | 2011-08-29 03:23 | フヂちゃん
a0229930_252335.jpg

お父さん:「神話の中でバンコ神はね、小さな生き物を作った時に、クルミの実を使って、脳を作ったの・・・」

お父さん:「・・・その神話を元にして、神官達はバンコ神に、沢山のクルミの実のお供えをして、その代わりにクルミの大きさの、小さな脳を授けてくれるようにって、お祈りをしたの。」

フヂちゃん:「おそなえって?」

お父さん:「大事なお客さんが、おうちに来たら、美味しい物でおもてなしするでしょ?・・・」

お父さん:「・・・それと同じで、バンコ神にお願いするのに、バンコ神の好きな、クルミの実を沢山お供えしたんだけどね・・・」

お父さん:「・・・神官達は、バンコ神が食べ易いように、硬いクルミの殻を砕いて、柔らかい実だけを、供えたんだよ。」

フヂちゃん:「じゃあ、バンコ神は喜んだね。」

お父さん:「うん、それでもバンコ神はね、食事は一度に3粒しか、食べられなかったんだけど、お供えのお礼に、小さな柔らかい脳を3つ、人間に与えてくれたんだ。」

フヂちゃん:「じゃあ、お祀り大成功ね!」

お父さん:「ところがね、それがとんでもない事に・・・」

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村
どうかポチッとお願いします〜。
[PR]
by yamadorikoubou | 2011-08-27 02:31 | フヂちゃん
a0229930_0495637.jpg

お父さん:「王様がね、神儀官に命令すると、神殿では神官達が、祭祀の準備をするの。」

フヂちゃん:「ジンギカンとシンカンって、どう違うの?」

お父さん:「神儀官はね、役人や神官を使って、国を治める仕事をする人。神官は神殿で、実際にお祀りをする人。」

お父さん:「その頃の神殿はね、積み木を積んだみたいな建物のてっぺんに、細長ーい煙突が、空に伸びていてね、その周りには大きな4本の煙突が立っていて、お祀りの時には、神様を呼ぶ為の、良い香りの香が焚かれたのよ。」

お父さん:「それでね、神殿の中には、神官達が、バンコ神へのお供えに、沢山のクルミを運んだそうよ。」

フヂちゃん:「なんで、クルミなん?」

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村
何気にポチッと、お願いします。
[PR]
by yamadorikoubou | 2011-08-26 01:11 | フヂちゃん
a0229930_23412939.jpg

お父さん:「ソチが生み出されてから100年近く、それぞれの時代の偉い人達がね、ソチの身体を何とか、フワフワした影の様な物から、ちゃんと触れる肉体を持つ生き物にしようと、努力したらしいよ。」

フヂちゃん:「どんな事をしたん?」

お父さん:「ソチの心臓の、種を色々変えてみたり、炎の種類を変えてみたり、燻す鉱物や樹脂、唱える呪文の内容なんかを、出来る限りの組み合わせで変えて、試したけれど・・・」

お父さん:「・・・その内に、実際にソチを生み出す術者達がね、どうしても、大事な物が、ソチには一つ欠けている事に、気が付いたの。」

フヂちゃん:「大事な物ってなに?」

お父さん:「何でしょう?・・・それはね、ソチの頭の中には、脳が無いって事なのよ。」

お父さん:「それでね、術者達は国王に、大きなお祀りをして、神様からソチの脳を授かるように、頼んだのだけれど、でも、それは本来はやってはイケナイ事なのよ。」

フヂちゃん:「何で?」

お父さん:「難しい事だけど・・・神様の仕事を人間がする事への、畏れとかね、未だ良く解ってない命に、心を与えてしまって、悪い事が起らないか、とかね・・・」

お父さん:「それで、術者達と、国の法律を司る祭儀官って人達とが、国王の前で討論を行ってね、結局王様が出した答えは、『バンコ神から脳を授かり、ソチに与えよう』という事だったのよ。」

フヂちゃん:「あ〜、またバンコ?」

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村
[PR]
by yamadorikoubou | 2011-08-25 00:13 | フヂちゃん
a0229930_2253350.jpg

お父さん:「炎の中の影から生まれた、この生き物は、(小さな命)という意味で、ソチと呼ばれたのよ。」

お父さん:「ソチが生み出された頃の、王様や呪術家達はね、ソチを何かの役に立てようと、色々と研究したようだけど、昔の知識と術学では、小さく軽いソチに、大きな仕事を与える事は出来なくてね・・・」

お父さん:「・・・唯一、ソチに与えられた役割は、小さなペットとして、王族や貴族なんかの、お金持ちの家で飼われる事だったのよ。」

お父さん:「ソチの心臓になってる穀物の種は、一粒で一日しか、命の炎を燃やせないから、ソチの飼い主は毎日、一粒の穀物を与えていたのね。」

お父さん:「それでも、ソチの寿命は長くて3週間くらい、だったらしいよ。」

フヂちゃん:「寿命が終わると、どうなるの?」

お父さん:「ソチは、穀物の燃えカスばかりを、僅かに残して、煙になって消えて行くんだって。」

フヂちゃん:「え〜、煙になるのは、悲しいね。」

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村
そこなお方様、どうかポチと押して下さいませ
[PR]
by yamadorikoubou | 2011-08-24 02:39 | フヂちゃん
a0229930_2105561.jpg

お父さん:「電者の命の起源はね、何千年も前の昔の人が、炎の中から取り出した、小さな命が始まりなのよ。」

フヂちゃん:「炎って?」

お父さん:「燃えてる火の事ね。」「炎の中には、光と影が隠れていてね、その熱い影だけを取り出して、胚芽の付いた穀物の種を、心臓に付けてやって、命を生み出すのよ。」

フヂちゃん:「ふ〜〜ん・・・。」

フヂちゃんには、ちょっと難しい話しが続きそうですね。

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村
[PR]
by yamadorikoubou | 2011-08-20 21:06 | フヂちゃん
a0229930_20491856.jpg

「ピ〜〜〜、ピ!」と、者掌さんが笛を鳴らすと、出発の合図です。

この音を聞いて、電者はまた、ヘトヘトと足音をたてながら、電線の上を滑らかに歩いて行きます。

フヂちゃん:「電者って、笛の音で動くの?」

お父さん:「フヂちゃんは、電者の始まりのお話しを、知らなかったかな?」

フヂちゃん:「うん。」

電者の始まりを知らない読者の方々も、宜しければフヂちゃんと一緒に、お父さんの語るお話を、聞いてやって下さい。

[PR]
by yamadorikoubou | 2011-08-20 20:54 | フヂちゃん
a0229930_20312582.jpg

者掌さんが、身体に掛けたロープをたぐると、電者の乗り口から、赤い絨毯のようなハシケが、スルスルと伸びてきて、空中デッキに渡されました。

お父さん:「さあ、フヂちゃん。」「これを渡って、電車に乗るよ。」

フヂちゃん:「え〜、不思議!」「でも、ちょっと面白いね」

みんなが電者に乗り移ると、者掌さんはハシケの絨毯を、スルスルと元に戻し、またヒョイと電者に飛び移りました。

[PR]
by yamadorikoubou | 2011-08-20 20:38 | フヂちゃん